交際クラブで知り合った女性と次のお約束をする時に中々決まらないという経験はございませんか?遠回しに断られてしまったり、仕事が忙しくなってしまったと言われたり、都合がつかないというお返事ばかり毎回貰っている方も多いのではないでしょうか?

その場合、女性が遠回しにお付き合いをお断りしている可能性があります。
それに気づかずに誘い続けてしまうと、しつこい男性認定されてしまい、今後のチャンスもなくなってしまうことになりかねません。
まずは初めてのデートで失敗していないかを振り返ってみましょう。

初めてのデートでラフすぎる普段着と安い居酒屋をセレクトしてしまった

交際クラブに登録に来ている女性は、ある種、男性に憧れを抱いています。その憧れの部分は「VIPな男性」「成功している経営者」「お医者様」という肩書きが主です。
そういった男性はエスコートしてくれる場所なら絶対に自分たちが普段行かないような素敵な所だろうと夢を抱いて来るのです。
そんな期待値が高い状態でデートに来ている女性の前に、伸びっぱなしの髭、よれよれのTシャツや、短パン、サンダルや汚れたスニーカーなどで現れてしまうと、その時点で素敵な男性のイメージが終わってしまいます。また、清潔感も損なわれてしまう可能性が高いので、せめて皺のないシャツやお店のドレスコードに引っかからないズボンと靴を履いて登場しましょう。
休日とはいえデートです。素敵な交際に発展するかもしれない相手の前に気の抜けた服装で向かうのは控えておきましょう。
お食事の場所についてもですが、あまり初めてのデートで気合いを入れたくないという場合にも、ある程度、雰囲気の良いダイニングバーやホテルのラウンジなど、非日常を感じられる場所に行けると良いですね。
女性も日頃、縁の無い場所に行くことによって気持ちが開放的になり、貴方ともっと仲良くなりたいと感じていただけるかもしれません。

できれば2回目のデートは会っているうちに取り付けたい

時間が経てばたつほど頭の中が冷静になっていき、最初のデートがどうだったか振り返るという女性も多いです。男性は女性に冷静さを与えてはいけません。
男女のお付き合いでは熱があるうちに交際を進めてしまったほうが良いです。
なぜかというと女性は冷静になればなるほど、相手のダメなところをみつけようとしてしまうからです。「あの時、楽しいと思ったけど今考えたら違ったかも・・・」
「ノリで相槌を打ったけど、よくわからない話ばかりだったな。合わないかも。」など、いくらでも理由をつけて相手のダメな部分を探し始めてしまう子もいます。
女性の思考をストップさせるには、早めに2回目のデートを決めてしまうことです。
そうすると次のデートが決まっているから、そこに意識が向かいます。
ただ、次のデートの期間をあまり遠い日程に設定しない方が良いです。その間に女性が冷めてしまう可能性があります。理想は1週間以内くらいで再会というのが良いですね。2回目のデートでも焦り過ぎず、まずは女性がどのくらいのテンションで来ているのかを見極めることが重要です。
お店選びはガヤガヤとうるさい場所ではなく、ほど良く席間があるレストランだとお互いの深い話などもしやすいのではないでしょうか?
できれば最初のデートの最中に2回目のお約束をしておくことが一番スマートかもしれませんね。
また、女性にお返事を強要したり、しつこく連続で連絡を入れたりすることだけは控えましょう。余裕のある男性を演出して女性にプレッシャーをかけないことが大事だったりします。
初めてのデートと2回目のデート、どちらも言えることは「清潔感」「紳士的」「スマートさ」が女性に快くデートを受けてもらえる男性の共通点かもしれません。