交際クラブでのデートはお互い初対面となるため、食事からスタートすることがほとんどです。
男性が女性をデートに誘う際には、お店を予約してコース料理と一緒に美味しいお酒に舌鼓を打つような場面も多いですよね。
やはり大人のデートだとお酒が楽しく飲めるデートが好まれると思いますが、そこで注意していただきたいことがございます。

知識を押し付けない

当倶楽部の男性会員様ほどVIPな男性ですと、高級な美味しいお酒や、なかなか食べられない高級なお食事を食べなれていらっしゃるので、お勧めの料理や、お酒を女性に伝えたい気持ちは分かりますが、女性は“見た目が可愛い”とか“なんとなく美味しそう”という理由だけで選んでいる場合もございますので、あまり深い知識などをお話しない方が賢明でしょう。
ワインを飲んでいても銘柄に詳しくない方も多いので年代とかにこだわったりしてお話しないようにしましょう。
初回のデートではお互いの自己紹介がてら心弾むようなお話をしてくださいね。

説教をしない

せっかくの素敵な初デート
女性は胸躍らせて素敵なレストランや夜景の見えるレストランでのお食事を楽しみにしています。
食事のデートの際、お酒が進んで気が大きくなってしまい、良かれと思って相手のマナーや、人生観などに説教してしまう男性がいると聞くことがありますが、女性としては気分が沈んでしまいますので、そういうことが無いように注意して下さい。
会話をゆっくり楽しむのも初対面のデートならではの楽しみ方ですので、お互いが楽しかったなぁと思えるような素敵な初デートにしてくださいね。

仕事の愚痴を言わない

初めての楽しいデートを期待してくる女性は多いです。
勿論スタッフ一同、お二人に最高のお時間を過ごしてほしいのですが、ここで注意していただきたいのは、
お酒が進んでくると口が軽くなって、普段の愚痴や不満を女性にお話しすることは要注意です。
一緒の勤務先でしたら仕事の話も通じますが、初対面で何のお仕事をしてるかが分からない男性の仕事の愚痴は理解不能です。女性もせっかくの楽しいお食事デートで延々と仕事の愚痴を聞かされるとつまらないと感じてしまうので、そういったマイナスの要素が含む話はしない方がベターでしょう。

お酒はお互いの心を開かせるとても手軽なツールですが、デートの対応によってマイナスになることもありますので気を付けてぜひとも楽しい時間を過ごしてください。